フォーカス

「数年後に日本の半数が使う採寸サービスに」 米発「オリジナルスティッチ」が描くカスタマイズの未来

 米国シリコンバレー発のオーダーシャツ専門ECサイト「オリジナルスティッチ(ORIGINAL STITCH)」を運営するオリジナル社が、A4用紙を衣服の上に置き、写真を撮るだけでその寸法を測定できる画期的なAI採寸アプリ「メジャーボット(Measure Bot)」をローンチした。もともとカスタマイズシャツブランドとしてスタートした同社だが、今回の「メジャーボット」をはじめ、全身サイズをたった2枚の写真から採寸できる「ボディグラム(Bodygram)」といったAIサービスを立て続けに発表している。同社が目指す企業像から今話題の“採寸テクノロジー”まで、来日中のジン・コー(Jin Koh)創設者兼最高経営責任者(CEO)に話を聞いた。

WWD:あらためて、オリジナル社創業の経緯とは?

ジン・コーCEO(以下、コー):これまでテック系のサービスばかりを手掛けてきたが、ファッションはこれが初めてだった。ファッション業界は消費財の中でも大きなシェアを占めているにもかかわらず、テクノロジーがほとんど導入されていない。パーソナライズ、カスタマイズという概念が広がりはじめた中で、ファッションはまさにホワイトスペースだった。

WWD:最初のプロダクトはなぜオーダーシャツブランドだったのか。

コー:誰もがパーソナリーティーを持っていて、着るものによって誰もが自分のスタイルを表現することができる。“WEAR YOUR STORY”をコンセプトに、自分自身でシャツのデザインをすることで、自己表現をしてもらいたいという願いがあった。商品としてシャツを選んだのは、自分がほしいと思ったから。シャツは既製品を買うかテイラーに依頼するかの2択だが、オーダーメードでシャツを作るには費用も時間もかかってしまう。テクノロジーでこれを解決できると考えた。

WWD:「オリジナルスティッチ」の生産体制は?

コー:オンライン発注後、10日〜2週間で商品が届く。この納期を実現するためには、簡単に自分のサイズで商品を注文できるアプリ技術に加えて、ユーザーが作成したデータをリアルタイムに生産に回すことができる工場の体制が必要だった。シャツの生産は全て日本で行っており、現在はフレックスジャパン、シャツメーカーの山喜と提携し、世界に向けて発送をしている。

WWD:これまでアパレル経験がない中で、日本で工場との生産体制を構築するのは大変だったのでは?

コー:大変だった。当時、2〜3週間はフレックスジャパンに寝泊りして生産体制を学んだほどだ(笑)。生産について知ることで、どのように当社のサービスを連携させればいいかがわかり、最短で生産を行える仕組みを共同で生み出すに至った。工場とのチームワークはとても重要だ。