ビジネス

2枚の写真を撮るだけで全身40カ所の採寸ができるアプリ、米「オリジナルスティッチ」が今夏ローンチ

 米国シリコンバレー発のオーダーシャツ専門ECサイト「オリジナルスティッチ(ORIGINAL STITCH)」を運営するオリジナル社が今夏、前面と側面から2枚の全身写真を撮るだけで瞬時に身体サイズを測定できるアプリ「ボディグラム(Bodygram)」をローンチする。新サービスは17年8月にアイテムのサイズデータを自動的に読み取る衣料採寸ツールとして発表した「ボディグラム」に大幅改良を加えたもので、周囲の背景から被写体のみを自動で抽出し、肩幅や首回りなど全身40カ所の採寸を3次元的に行う。

 特別な器具を使用せず、スマートフォンのみで採寸が可能。撮影時の背景に関する制限もない。また、衣服を着用したままで採寸ができるため、採寸に対するハードルは低い。今後は同サービスを活用して他ブランドとのライセンス提携を検討しているという。

 4月にはスタートトゥデイが採寸のためのボディスーツ“ZOZOSUIT”の改良版を発表・発売したが、ここでも採寸のために全身の撮影という手法を用いていた。ただ、こちらは採寸のために“ZOZOSUIT”が必要となるため、「ボディグラム」を使って精度の高い採寸が可能になるとすれば、大きなポテンシャルを持つことは間違いない。

 オリジナル社は2014年にECの仕組みを使って10億通り以上のデザインを選べる「オリジナルスティッチ」をスタートした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら