ファッション

伊バッグ「ゲラルディーニ」 カスタムバッグ“マイゲラルディーニ”が好調

 イタリア・フィレンツェのバッグブランド「ゲラルディーニ(GHERARDINI)」のカスタムバッグ、“マイゲラルディーニ”が売れている。3~4月の売上高は小田急百貨店新宿店で前年同期比27%増、阪神百貨店梅田本店で同48%増など多数の店舗が2ケタ増となり、全体でも7%増を記録した。日本における独占販売権を持つ三崎商事の田中正邦・事業部長は、「新作の動きもよいが、“マイゲラルディーニ”のイベントがけん引している」と要因について語った。

 “マイゲラルディーニ”ではハンドル・ボディー・ベルト・フリンジの4つのパーツを、それぞれ5つのカラーから選ぶことができる。カスタムイベントが集客の起爆剤となり、インラインアイテムの売り上げも伸びているという。

 通年で1つのモデルを選定し、春夏と秋冬でカラーを変えて提案する。2018年は大きめのトートバッグで、上辺に付いたベルトを絞ってフォームを変えられるデザインになっている。素材はポリエステルにポリウレタンをコーティングし、ブランド名の頭文字であるGをプリントしたオリジナル生地のソフティーだ。

 一般的にカスタムバッグは発注から受け取りまで2~3カ月の工期を要するが、「“マイゲラルディーニ”はその場で完成し、すぐに持ち帰れるのが特徴。パズル感覚で楽しみながら作っていただいている」という。カスタムイベントが好調の場合、常設する動きもあるが“マイゲラルディーニ”は1シーズンに1度、全国を巡回するイベント形式でプレミアム感が高い。直営店でも常設はしていない。

 「ゲラルディーニ」のアイテムはイタリア製が主で中心価格帯は6万6000円だが、“マイゲラルディーニ”はルーマニア製で3万9000円だ。そのためエントリー顧客層にも受け入れられている。16年にグローバル企画としてスタートしたが、現在は日本だけのサービスとなっており、結果としてインバウンド需要も高いという。同ブランドのファンは50代以上の女性が多いが、田中事業部長は「“マイゲラルディーニ”をフックに30~40代女性にもアプローチしたい」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら