ファッション

自分で自由に組み合わせられる伊バッグが日本上陸

 銀座マギーは、イタリア・フィレンツェ発のバッグブランド「ポップバッグ(POP BAG)」と日本における独占輸入販売契約を結び、5月12日に東京・銀座に国内1号店をオープンした(東京都中央区銀座5-6-17)。同社発祥の地である銀座西五番街の店舗跡の2フロアで、店舗面積は41平方メートル。出店に合わせ、オンラインショップもオープンした。初年度は売上高1億5000万円を目指す。

 「ポップバッグ」は、2015年に伊バッグメーカーのJ&Cがスタートした新進ブランド。フロントパネル、ボディー、ハンドルを自分で簡単に組み合わせられるのが特徴のトートバッグ3サイズを中心に、ミニバッグや季節商材をそろえる。価格帯は、主力のカスタマイズできるトートが1万6700〜2万6700円。店舗では実際にパーツを手に取って、自分好みのバッグを作ることができる。

 出店について、植松伸一・社長は、「バッグ・雑貨の店舗には以前から興味があったが、イタリアでこのブランドを見つけ、商品はもちろん、その世界観に魅力を感じた。銀座マギー発祥の地である銀座西5番街の店舗で、弊社の特徴である“綺麗な色”のバッグを扱うということに思い入れがある。ショップとして、1つの世界観を出したい」と話す。今後は「ブランドに合う立地があれば出店をもちろん考えたいが、まずは銀座店を根付かせるとともに、オンラインショップの充実を図ることを重視する」としている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。