ファッション

「カルヴェン」の新ディレクターに元「ディオール」デザイナー就任

 「カルヴェン(CARVEN)」はスイス人デザイナーのセルジュ・ルフュー(Serge Ruffieux)を新たなクリエイティブ・ディレクターに起用することを発表した。2016年10月に退任したアレクシス・マーシャル(Alexis Martial)とアドリアン・カヨド(Adrien Caillaudaud)の後任として、2月1日付で就任する。ルフューが手掛ける初のコレクションは18年プレ・スプリングになり、10月のパリ・ファッション・ウイークで発表する18年春夏コレクションでランウエイデビューする予定だ。

 ルフューは、「ディオール(DIOR)」に約10年間在籍しており、ラフ・シモンズ(Raf Simons)前アーティスティック・ディレクターの退任後、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)新アーティスティック・ディレクターが就任するまで暫定的にルーシー・マイヤー(Lucie Meier)と共にデザインチームのヘッドを務めていたことで知られる。それ以前は「ソニア リキエル」などでキャリアを積んだ。

 今回の就任について、ソフィー・ドゥ・ルージュモン=カルヴェン最高経営責任者は、「ルフューの厳格で非の打ちどころのないクチュール技術と天性のモダンな感覚は、肩肘張らないパリジャン・シックという『カルヴェン』の伝統と共鳴する」とコメントしている。

【関連記事】
「カルヴェン」が元「ディオール」のデザイナーを起用か
「カルヴェン」、ウィメンズのデザイナーデュオが退任
「カルヴェン」がメンズ・コレクションを一時休止 ベルナベ・アルディが退任

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら