ファッション

「カルヴェン」、ウィメンズのデザイナーデュオが退任

 「カルヴェン」のウィメンズ・コレクションを手がけてきたデザインデュオ、アレクシス・マーシャルとアドリアン・カヨドの退任が明らかになった。2015年3月にアーティスティック・ディレクターに就任して、わずか1年半だった。退任については、メゾンとデザインデュオの双方が同意しているという。後任は、近日中に発表予定という。

 「カルヴェン」については同じく15年にメンズのトップについたベルナベ・アルディもメゾンを去ったばかり。「カルヴェン」は16-17年秋冬シーズンを最後に、メンズは一時休止すると発表している。

 ファッション業界では最近、デザイナー退任劇が相次いでいる。先週には「ロベルト カヴァリ」のピーター・デュンダス、「マルニ」のコンスエロ・カスティリオーニがいずれもメゾンを去っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら