ビジネス

「THREE」からベビー&キッズライン誕生 0歳から始めるエイジングケア提唱

 「THREE」は、0歳から使える「ベビー&キッズ(BABY&KIDS)」ラインを11月7日にスタートさせる。同ブランドはこれまでにさまざまな年代や性別に応じたスキンケアラインを発売してきたが、新たなラインは“乳幼児のためのエイジングケア”をテーマに、子どもたちの肌と心を癒やすホリスティックケアを提唱する。

 新ラインは、バリア機能の弱い乳幼児の肌を優しく洗い上げる「スキン ピュアソープ」(2800円)、保湿ケアをしながらスキンシップもできる「ミルキーエマルジョン」(3500円)、バリア機能が弱いからこそ欠かせない紫外線対策の「UVミルク」(SPF30・PA+++、3500円)をそろえる。その他、トライアルサイズをセットにした限定デザインボックス(4200円)も発売する予定。

 環境や生活スタイルによって敏感になりやすい現代の乳幼児の肌を考慮して、繰り返しテストを行って安全性を確認し、ブランドで初めてライン製品全てにオーガニック認証のエコサートを取得した。また、テクスチャーと香りにもこだわり、天然由来成分99~100%の原材料を使用した精油を配合している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら