ファッション

「ユニクロ」、クリストフ・ルメールと5年契約を更新 「ルメール」ブランドにも出資

 ファーストリテイリングは、ユニクロパリR&Dセンターのアーティスティック・ディレクターであるクリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)とのパートナーシップ契約を今後5年間継続する。併せて、ルメール自身のブランド「ルメール(LEMAIRE)」にも約49%出資したと発表した。

 ルメールは2015年秋冬に、「ユニクロ(UNIQLO)」との初のコラボレーションコレクションを発売。以来、コラボを継続している。16年にパリR&Dセンターのアーティスティック・ディレクターに就くと、コラボライン「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」を企画するとともに、「ユニクロ」全体のディレクションも担っている。

 柳井正・会長兼社長は、「『ユニクロ ユー』も毎シーズン成功している。契約更新による新しいレべルでのファーストリテイリングとの関係が、『ルメール』のさらなる成長と発展にも役立つことを願っている」とコメントしている。ルメールは「われわれは、どのような服が、人々の日常生活にとって、民主的、機能的、かつ上質であるべきか、という共通ビジョンを持っている」とした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら