ファッション

「ユニクロ」、クリストフ・ルメールと5年契約を更新 「ルメール」ブランドにも出資

 ファーストリテイリングは、ユニクロパリR&Dセンターのアーティスティック・ディレクターであるクリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)とのパートナーシップ契約を今後5年間継続する。併せて、ルメール自身のブランド「ルメール(LEMAIRE)」にも約49%出資したと発表した。

 ルメールは2015年秋冬に、「ユニクロ(UNIQLO)」との初のコラボレーションコレクションを発売。以来、コラボを継続している。16年にパリR&Dセンターのアーティスティック・ディレクターに就くと、コラボライン「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」を企画するとともに、「ユニクロ」全体のディレクションも担っている。

 柳井正・会長兼社長は、「『ユニクロ ユー』も毎シーズン成功している。契約更新による新しいレべルでのファーストリテイリングとの関係が、『ルメール』のさらなる成長と発展にも役立つことを願っている」とコメントしている。ルメールは「われわれは、どのような服が、人々の日常生活にとって、民主的、機能的、かつ上質であるべきか、という共通ビジョンを持っている」とした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら