ビジネス

ジョナサン・アンダーソン=クリエイティブ・ディレクターがロエベの取締役に就任

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)は、ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)「ロエベ(LOEWE)」クリエイティブ・ディレクターを同ブランドの取締役に指名した。また、シドニー・トレダノ(Sydney Toledano)LVMHファッショングループ会長兼最高経営責任者(CEO)は取締役会長に就任した。LVMHは2017年11月に役員人事をシャッフルしたばかりだ。

 アンダーソンは、13年に自身の名を冠した「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」の株式46%をLVMHに売却し、「ロエベ」のクリエイティブ・ディレクターに就任した。16年9月に就任したパスカル・ルポアブル(Pascale Lepoivre)CEOとともに同ブランドに新たな風を吹き込んできた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら