ビジネス

ギャップがウエディング事業を休止 2016年に買収したサンフランシスコ発スタートアップ

 「ギャップ(GAP)」や「バナナ・リパブリック(BANANA REPUBLIC)」「オールドネイビー(OLD NAVY)」などを運営するギャップ(GAP INC.)は、傘下のウエディング事業「ウェディントン ウェイ(WEDDINGTON WAY)」を6月11日付で休止する。

 「ウェディントン ウェイ」は2011年にサンフランシスコでイラーナ・スターン(Ilana Stern)が設立したブライズメイド向けのドレスやアクセサリーを取り扱うECサイトで、16年にギャップが買収した。スターン設立者は同ブランドの最高経営責任者(CEO)に留まり、アメリカ主要都市の「バナナ・リパブリック」13店舗内に店舗を構えていた。同ECサイトによれば、設立以来50万着以上のドレスを販売してきたという。6月11日までは注文・返品を受け付け、「バナナ・リパブリック」内の店舗は今後数カ月で閉店していく。

 ギャップのスポークスウーマンは「ウェディントン ウェイ」は「スタートアップ」という位置付けであったとし、「買収したことでコミュニティーベースの新しいECビジネスに挑戦できた。ビジネスはうまくいっていたが、『ウェディントン ウェイ』が会社に与えるものはそう大きくないと判断した。影響が出る従業員には他ブランドへの異動処置をとる」と語った。

 なお、J.クルー(J. CREW)もウエディングラインを有していたが16年に廃止している。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら