ビジネス

ギャップがウエディング事業を休止 2016年に買収したサンフランシスコ発スタートアップ

 「ギャップ(GAP)」や「バナナ・リパブリック(BANANA REPUBLIC)」「オールドネイビー(OLD NAVY)」などを運営するギャップ(GAP INC.)は、傘下のウエディング事業「ウェディントン ウェイ(WEDDINGTON WAY)」を6月11日付で休止する。

 「ウェディントン ウェイ」は2011年にサンフランシスコでイラーナ・スターン(Ilana Stern)が設立したブライズメイド向けのドレスやアクセサリーを取り扱うECサイトで、16年にギャップが買収した。スターン設立者は同ブランドの最高経営責任者(CEO)に留まり、アメリカ主要都市の「バナナ・リパブリック」13店舗内に店舗を構えていた。同ECサイトによれば、設立以来50万着以上のドレスを販売してきたという。6月11日までは注文・返品を受け付け、「バナナ・リパブリック」内の店舗は今後数カ月で閉店していく。

 ギャップのスポークスウーマンは「ウェディントン ウェイ」は「スタートアップ」という位置付けであったとし、「買収したことでコミュニティーベースの新しいECビジネスに挑戦できた。ビジネスはうまくいっていたが、『ウェディントン ウェイ』が会社に与えるものはそう大きくないと判断した。影響が出る従業員には他ブランドへの異動処置をとる」と語った。

 なお、J.クルー(J. CREW)もウエディングラインを有していたが16年に廃止している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら