ニュース

「ギャップ」からロゴがテーマのコレクション登場 モデルに渡辺直美やシザを起用

 「ギャップ(GAP)」がアイコニックな“GAP”ロゴをテーマにしたコレクション“アーカイブ・リイシュー:ロゴ・リミックス・コレクション(ARCHIVE REISSUE : LOGO REMIX COLLECTION)”を発表した。1969年の創業からこれまでに登場してきたアーカイブロゴを随所にあしらい、さらにダメージ加工が施されたTシャツやフーディー、ラグビーシャツなど、“リミックス(再編集)”されたアイテムがそろう。公式オンラインストアで1月29日から先行販売し、30日から全国の「ギャップ」で取り扱う。

 発売に先駆け、イラン出身の女性映像作家、タビサ・デンホルム(Tabitha Denholm)が手掛けたグローバルキャンペーンムービーを公開した。ムービーには、28日に発表される第60回「グラミー賞」にもノミネートされているソウルシンガーのシザ(SZA)、ラップシーンを牽引するDJでプロデューサーのメトロ・ブーミン(Metro Boomin)、550万近いチャンネル登録者数を誇る人気ユーチューバーのコナー・フランタ(Connor Franta)、昨年リリースしたデビューアルバム「About Time」が名盤との呼び声高いR&B歌手のサブリナ・クラウディオ(Sabrina Claudio)、グライム・ラッパーのストームジー(Stormzy)の恋人としても知られるTVプレゼンターのマヤ・ジャマ(Maya Jama)、米女優のブリア・ヴィネイト(Bria Vinaite)、韓国系アメリカ人ラッパーで女優のオークワフィナ(Awkwafina)、ネットフリックス(Netflix)で人気の青春ドラマ「13の理由(13 Reasons Why)」にも出演する俳優のマイルズ・ヘイザー(Miles Heizer)、そして日本を代表して渡辺直美の全9人が、幅広いジャンルで活躍する人物の代表として登場。キャスティングについてクレイグ・ブロマーズ(Craig Brommers)「ギャップ」チーフ・マーケティング・オフィサーは「『ギャップ』はいつの時代もカルチャーと共にあり、それをメーンストリームに届けてきた。今回のムービーは、世界で活躍する逸材にスポットライトを当てる最高のキャンペーンだ」とコメントしている。