フォーカス

「#プレ花嫁」でウエディングシューズ選びに異変

 結婚前の女性といえば、これまでは「ゼクシィ」などの結婚情報雑誌を購入したり、すでに結婚した友人の経験談を参考にしたりして結婚式のスタイルを決めることが多かったと思いますが、そのスタイルも多様化しているのと同時に、できるだけお得に賢く式を挙げたいという声も多いのだそうです。現在はさまざま情報をSNSで収集する女性が増え、例えばインスタグラムで「#プレ花嫁」で検索すると、結婚の準備をしている女性が参考になりそうな投稿が250万件以上もアップされています。

 先日、シューズブランドの「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」を取材している中で、とても印象深い話がありました。ウエディングシューズに「ジミー チュウ」を選ぶ人が増えているとのことでした。これまでのウエディングシューズは白というお決まりのイメージがありましたが、結婚式が終わったあとでもパーティーやちょっとしたお呼ばれの席にも履いて行きたいという女性が「ジミー チュウ」のグリッター素材のシューズや、白いドレスのアクセントとして、あえて色のついたシューズを購入する人もいるそうです。それを聞いて、現代女性ならではのとても賢い選び方だと思いました。普段は高くて購入できないけれど、結婚式なら大義名分もあり憧れのブランドを履けるということで“ファースト ジミー チュウ”としてウエディングシューズ用に購入するそうです。結婚指輪だけでなく、シューズも憧れのブランドを選ぶのですね。

 そのブライダル人気を受けて、リニューアルした銀座旗艦店ではブライダルコーナーをさらに充実させています。好きな生地を選べたり、シューズの裏に刻印できるサービスもあったりと、自分だけのシューズを作ることができます。こういった女性の「満足のいくものを賢く選びたい」という気持ちに、ビジネスチャンスがまだまだ潜んでいそうですね。