ニュース

ファーフリーの動き広がる 「マイケル・コース」と傘下「ジミー チュウ」も導入

 「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」と傘下の「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」は、2018年12月までに本物の毛皮の使用を中止する。「動物の倫理的扱いを求める人々の会(以下、PETA)」の長年にわたる要求に応えた格好だ。マイケル・コースのジョン・アイドル(John Idol)最高経営責任者(CEO)は、「企業として新たな挑戦に取り組む。革新的な素材使いを進化させる」とのコメントを発表した。またデザイナーのマイケル・コースも、「リアルファーでなくてもラグジュアリーの本質を生み出せる」と賛同する。エコファーの洋服は、2018年2月にニューヨークで開く18-19年秋冬コレクションにも登場。すでに生産したリアルファーの洋服は、18年末までに売り切る方針だ。

 PETAは「マイケル・コース コレクション(MICHAEL KORS COLLECTION)」のショー会場や店舗の前で、度々抗議活動を繰り広げてきた。6月にはニューヨークのメトロポリタン美術館で開かれたイベントにおける、マイケルへの質疑応答の最中、会場に「F‼︎k FUR(FUCK FUR)」の横断幕を掲げ、動物の鳴き声を響かせるパフォーマンスを展開。アイドルCEOとマイケル、さらにマイケルのパートナーのランス・レパー(Lance LePere)は、安全のために会場を離れる一幕もあった。ただ企業としてのマイケル・コースは、活動家などとの話し合いを07年から続けており、すでにラクーンの毛皮を用いた洋服は長年発表・販売していない。

 PETAのダン・マシュー(Dan Matthew)シニア・ヴァイス・プレジデントは、「最初に話し合ったのは、今から15年前。決断に興奮している」と話す。

 動物由来の毛皮の使用中止については、10月にも「グッチ(GUCCI)」が計画を発表したばかり。業界ではジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)からマッシュホールディングスまで、ファーフリーの流れが広がっている。