ニュース

毛皮反対デモ行進が渋谷で開催へ 「グッチ」のファーフリー宣言で注目高まる

 アニマルライツセンター(ANIMAL LIGHTS CENTER)は12月10日、毛皮反対デモ行進「ファーフリー・ウォーク(FUR FREE WALK)」を東京・渋谷で決行する。近年、消費者の意識の高まりもあり、毛皮を使わないエシカルなモノ作りをする企業やブランドが増えている。デモ行進は12年間実施し、毎年300~400人が参加してきたが、10月の「グッチ(GUCCI)」のファーフリー宣言によってさらに注目を集める状況になっているため、参加者が増加することが見込まれる。また、今年はアニマルライツセンターに学生部が発足し、今回が初めての活動ということもあり、10~20代の若い参加者が増えそうだ。ちなみに例年、参加者の7~8割が女性だという。デモでは、リアルファーの使用だけでなく、「リアルファー製品を買わないという選択」も促していく。

 デモ行進への参加を促すチラシでは、来春ものからリアルファーの使用を廃止する「グッチ」に加え、すでに廃止している「ユニクロ(UNIQLO」「H&M」「ザラ(ZARA)」「無印良品」「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」「ギャップ(GAP)」「ポール・スミス(PAUL SMITH)」、ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)社やヒューゴ ボス(HUGO BOSS)社などの著名ブランド・企業が「時代遅れのリアルファーを廃止すると宣言してトレンドのエコファーに切り替えた」と指摘。「12月10日13時から一緒に歩いてください」と呼び掛けている。当日のファー着用はNG。遠目だと判別できないため、エコファーも遠慮してほしいという。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら