ファッション

グラフィックデザイナーが作る “スロー・アート・ウエア”とは?

 グラフィックやプロダクトのデザインなどを行う企業、スタンド(Stand)がシャツ専門ブランド「シャツ バイ スタンド(SHIRTS BY STAND)」を11月13日にスタートした。1着1着手刷りでグラフィックをプリントしたシャツをオンラインストアで販売している。商品を「洋服というよりもアート作品」と語るデザイナー2人の服作りに迫る。

WWDジャパン(以下、WWD):グラフィックデザインが主な業務だと思うが、なぜシャツブランドを始めたのか?

高橋亮スタンドCEO(以下、高橋):以前タイポグラフィーをシルクスクリーンで印刷したTシャツを販売したことがあったのですが、かなり反響が良かったんです。それで服にプリントをするのが楽しくなって。

井田岬スタンド取締役(以下、井田):当たり前ですが、通常の仕事はクライアントの意向もしっかりと汲み取らないといけない。だから、自分たちの思い通りにはいかないこともあります。そういった中で私たちのデザインを自由に表現するために服作りをやってみてもいいかな、と思ったのも理由の1つかもしれません。

WWD:どうやって服作りを学んだ?

高橋:スタイリストの方が知り合いにいるんですが、その方に「ツカサミカミ(TSUKASA MIKAMI)」というブランドの三上司デザイナーを紹介してもらったんです。それで三上さんにいろいろとお話を伺いました。

井田:三上さんはグラフィックデザイナーをやりつつ、ファッションブランドも手掛けている方で、そういった意味でも私たちのやりたいことと近く、服作りのことを勉強させていただきました。

WWD:服はどうやって作っている?

高橋:まずグラフィックを手で描く。バラバラのパーツとして布がオフィスに届いて、そこに手刷りでグラフィックをプリントします。そうしてプリントした布を工場に送って、組み立てられる、といった流れですね。

井田:全部手刷りなのでかなりの時間がかかりますが、洋服、というよりは一つのアート作品のように思っています。みんなが日々身に着けるものにアート性を持たせる、というのがコンセプトです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら