ファッション

工業都市“川崎”のカルチャーにフォーカスしたノンフィクション連載が書籍と写真集で発売

 
 音楽ライターの磯部涼と写真家の細倉真弓は12月15日、神奈川・川崎のカルチャーやラッパーにフォーカスした書籍「ルポ川崎」(サイゾー)とルポ写真集「KAWASAKI PHOTOGRAPHS」(サイゾー)をそれぞれ出版する。

 カルチャー誌「サイゾー」の連載“川崎”を再編集して写真集と書籍にしたもの。磯部が手掛けた「ルポ川崎」は、川崎で起こった事件やアンダーグラウンドなカルチャーなどをドキュメント。双子のラッパーのT-PablowとYZERRが率いるヒップホップクルー、BAD HOPをはじめ、第1回「高校生RAP選手権」のファイナリストのLIL MAN、君島かれんら、地元ミュージシャンの生々しく刺激的な証言を掲載する。人気ラッパーの他にも川崎を拠点とするアーティストが多数登場する。価格は1600円で、初回限定の特典でアマゾン(AMAZON)ではT-Pablow、YZERRのポストカードが付き、特定の書店ではオオクボリュウによるイラストのステッカーが付く。

 細倉が手掛けた「KAWASAKI PHOTOGRAPHS」は連載に掲載した写真を再編、未発表の写真を追加した。BAD HOP、A-THUG、YOUNG HASTLE、KOWICHI、DJ TY-KOHら人気ラッパーをはじめ川崎のアーティストが多数登場する。巻末には、川崎出身のホラー作家の平山夢明が寄稿。「俺は右腕が夜道に転がっているのを見た」と自身の体験を綴る。価格は3700円。

 磯部涼は1978年生まれの音楽ライター。主にマイナー音楽や社会との関わりについての執筆を行う。著書に「ヒーローはいつだって君をがっかりさせる」(太田出版)、「音楽が終わって、人生が始まる」(アスペクト)、共著に九龍ジョーとの「遊びつかれた朝に」(Pヴァイン)、大田和俊之、吉田雅史との「ラップは何を映しているのか」(毎日新聞出版)などがある。

 細倉真弓は京都生まれの写真家。ユースとセクシュアリティを扱う写真や映像作品を制作する。写真集に「KAZAN」(アートビートパブリッシャーズ)、「Transparency is the new mystery」(MACK)、「クリスタル ラブ スターライト」(TYCOON BOOKS)、「floaters」(waterfall)、「Jubilee」(アートビートパブリッシャーズ)などがある。これまで国内で個展を開催するほか、海外のグループ展やアートフェアにも出展している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら