ニュース

柿本ケンサクが初の写真集を発売 窪塚洋介とのトークイベントも

 映像作家・写真家の柿本ケンサクは8月25日、初の写真集「TRANSLATOR」(7000円)を発売する。同写真集には、昨年開催された同名の写真展「TRANSLATOR」展の作品に加えて、6月のニューヨークの個展「HYOMEN」を含む過去の作品から105点が収められている。収録作品は、柿本が50カ国以上を旅する中で撮影した数万点の写真から選んだものだ。

 オンラインストア「ギャラリーオンザヒル(Gallery ON THE HILL)」で先行販売している。蔦屋書店及び青山ブックセンターなどで取り扱う予定だ。8月25日には、銀座 蔦屋書店でトークショーとサイン会を開催する。ゲストにはタカ・イシイギャラリーの石井孝之の他、サプライズゲストも登壇するという。9月18日には、青山ブックセンター本店で俳優の窪塚洋介をゲストに迎えトークイベントとサイン会を行う。

 柿本は、2005年に長編映画「COLORS」で活動をスタートした。12年には、窪塚洋介を主演に迎え映画「UGLY」を公開。映画、コマーシャルフィルム、ミュージックビデオを中心に多くの映像作品を手掛ける。7月に公開された「アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)」のPVでは、長澤まさみを起用し、監督を務めた。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら