ファッション

セクシー女優・川上奈々美が「すべてをさらけ出す」写真集 笠井爾示と振り返る4年間

 セクシー女優を中心にタレント、アイドル、歌手、舞台役者などマルチに活躍する川上奈々美は11月30日、写真家の笠井爾示(かさい・ちかし)が4年にわたり密着したヌード写真集「となりの川上さん」(玄光社刊)を発売する。しなやかな肉体と繊細な息遣いにドキリとし、あどけない笑顔に癒され、涙でグシャグシャになった顔に胸が締め付けられる、そんな写真集だ。川上と笠井の2人に、4年にも及んだ撮る&撮られるの関係や、その結果完成した写真集の感想などを聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):4年にも及んだ「写真を撮り、撮られる」という関係のきっかけは?

笠井爾示(以下、笠井):スタイリストの友人のホームパーティーに呼ばれた時、たまたま会ったんです。僕はいつもカメラを持参して写真を撮っているので、自然と彼女の写真を撮り始めて。そうしたら写真集を手がけるプロデューサーから、「普通のグラビアとは違う写真集を作りたい」というオファーをもらって、「じゃあ、やりますか」って。でも、その計画は全然進まなくて(笑)、写真を撮って・撮られるという関係だけが続いたのがきっかけ。

川上奈々美(以下、川上):私は単純に撮られることが楽しかったんです。チカちゃん(笠井)は女性とのコミュニケーションが上手で、「安心・安全」。だから私からも連絡するようになって。

笠井:写真家として相手の懐に入る術は持ち合わせているつもりだけど、僕は、本当のプライベートには立ち入らないんですよ。フォトグラファーとしてのテクニックを、女性と出会うための手段と勘違いされるのがイヤなので。もちろん話しているうちに仲良くなって、仕事の相談を受けたり、愚痴を聞いたりすることはあるけれど。

川上:チカちゃんは優しいから全てを聞いてくれるけれど、「こうした方がいいよ」ってアドバイスをくれたりはしないんです。

笠井:だから写真集を見たら、「この2人は、付き合っているのかな?」って勘ぐる人もいると思うけど、実は全然特別な関係じゃない。友達みたいなカンジで、会えば写真を撮ってきたけれど、ず〜っと会っていたワケじゃない。頻繁に会う時期もあれば、なんとなく会わない時期もあった。よく会っていたのは、2015年とかかな?ちょうどCDデビューや映画出演、ストリップへの挑戦など活動の幅を広げた頃だと思うんだけど、あの時はすごく自信に溢れていた時と、全然ダメな時の落差が激しかった(笑)。急に体調を崩して、なぜか俺が病院に連れて行ったこともあったよね?

川上:女の子は、みんな気持ちが揺れるんです(笑)。15年は本当に忙しくて、仕事を辞めようと何度も思った時。

笠井:そんな15年の彼女を撮り続けて、「これは、ちゃんと作品にしたいな」って思ったんですよ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

東コレはもっとアツくなれ! 2022 S/S TOKYO COLLECTION詳報

「WWDJAPAN」9月13日号は、2022年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、東コレ)」特集です。今シーズンは、通常より1カ月半前倒しての開催で、48ブランドが参加し、20ブランドがリアルショーを実施しました。冠スポンサーの楽天による日本発ブランド支援プロジェクト「バイアール(by R)」で13年ぶりに東京に復帰した「ホワ…

詳細/購入はこちら