ビジネス

米ギャップ、黒人コミュニティーの機会均等実現に向けて「15パーセントプレッジ」に参加

 米ギャップ(GAP)は、「15パーセントプレッジ(15 Percent Pledge)」に基づき、繋がりと登用を増やすためのパイプライン・プログラムの15%を黒人コミュニティー向けに行う。傘下ブランドの「オールドネイビー(OLD NAVY)」「ギャップ」「バナナ・リパブリック(BANANA REPUBLIC)」「アスレタ(ATHLETA)」で開始するインターンや学外研修、見習い制度(アプレンティスシップ)といったプログラムに適用。また、「15パーセントプレッジ」に20万ドル(約2100万円)を寄付する。

 「15パーセントプレッジ」は米国人の約15%を黒人が占めるとされていることから、主要リテーラーに対し棚の15%を黒人所有の企業に与える誓約。2020年6月、アフリカの伝統や文化をインスピレーションとし、現地の技術を活かしたバッグやシューズを生産するブランド「ブラザー ベリーズ(BROTHER VELLIES)」の創業者であるオーロラ・ジェームズ(Aurora James)が立ち上げた。

 キーシャ・モディカ(Kisha Modica)=ギャップ イクオリティー&ビロンギング部長は、「大きな変革には、多大な時間と労力が必要だ。われわれは長期的に向き合うことに決めた。包括性を促進し、皆のためにあるという目標のために、『15パーセントプレッジ』を通して黒人やラテンアメリカ系のコミュニティーの居場所の確保に取り組んでいきたい」と語った。

 これまで「15パーセントプレッジ」に同意した企業やブランドには、「クレート&バレル(CRATE AND BARREL)」、メイシーズ(Macy’s)、インスタイルグループ(INSTYLE GROUP)、セフォラ(SEPHORA)、レント・ザ・ランウェイ(RENT THE RUNWAY)などがある。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら