ビジネス

ビューティ業界次なるホットスポットはテキサスか?

 今最も勢いのあるブランドの多くが、"美容先進都市"と呼ばれているロサンゼルスやニューヨークではなく、テキサス州でスタートしている。スキンケアブランド「ドランク エレファント(DRUNK ELEPHANT)」や美容機器ブランド「グロープロ(GLOWPRO)」、UVケアブランド「スーパーグープ(SUPERGOOP)」など、話題のビューティブランドがテキサスで創業し、現在も本社を構える。テキサスが、次世代のビューティブランドが集まるハブになりつつある。

 テキサスに若手ブランドが集まるにはさまざまな理由がある。ニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコから3時間で行くことができる立地の良さの他、好景気や州所得税がないことによりビジネスをスタートする人が多いという。また、クリエイティブな人材がダラス、ヒューストン、オースティン、サンアントニオの都市に集まっている。従来のビューティやファッションの中心都市と離れた環境で、フレッシュなアイデアが生まれやすいという意見も。さらに、ニューヨークやロサンゼルスに比べ、土地があるのも大きなポイントだ。「グロープロ」を運営するビューティ ビオサイエンス(BEAUTY BIOSCIENCE)のジェイミー・オバニオン(Jamie O'Banion)共同創設者兼最高経営責任者は「テキサスでは、土地が大きな財産になっている。ニューヨークだったら研究所で開発した商品を別の州にある倉庫に輸送し、そこから全国に発送しなければならない。テキサスでは約9000平方メートルの倉庫がすぐ近くにあることで、無駄な輸送コストや時間を省くことができる。われわれが市場のニーズに素早く反応できるのも、この効率の良さが大きい」と語る。

 5月9〜11日にダラスで開催された「インディ ビューティ エキスポ ダラス(INDIE BEAUTY EXPO DALLAS)」でも、オースティンやダラスで富裕層や高学歴の人材が年々増え、ビジネスを始める実業家が集まっていることが明らかだった。インディ ビューティ メディア グループ(INDIE BEAUTY MEDIA GROUP)のネーダー・ナイミラド(Nader Naeymi-Rad)共同創設者は「以前は、ニューヨークやロサンゼルスで始業したり、大手にアイデアを提案する人が多かった。次世代のビューティブランドは、テキサスで独自にブランドを育て、税も低いローカルなマーケットでビジネスを確立する人が多い」と解説した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら