ファッション
連載 エディターズレター:FROM OUR INDUSTRY 第115回

ラグジュアリーブランドから、3万〜5万円台の「ファイン・フレグランス」続々の理由

有料会員限定記事

ラグジュアリーブランドから、3万〜5万円台の「ファイン・フレグランス」続々の理由

ラグジュアリーブランドによる、ハイエンド・フレグランスの開発が相次いでいます。先行するのは、「ディオール(DIOR)」「ジバンシィ(GIVENCHY)」あたりでしょうか?ここに最近、「グッチ(GUCCI)」や「フェンディ(FENDI)」が参戦を表明しました。海外では、「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)」や「プラダ(PRADA)」なども同様の戦略です。こうしたブランドのハイエンド・フレグランスは、大体3万〜5万円台。価格帯には、フレグランスをライセンスではなく独自展開する「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「セリーヌ(CELINE)」のと同じ。百貨店のビューティカウンターや化粧品専門店よりむしろ、バッグやシューズ、ウエアを販売しているブティックで見かける機会の方が多いでしょう。ボトルデザインも、売り場も、もちろん香りも異なっています。

この続きを読むには…
残り1147⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。