ファッション
特集 ジャパン・ラグジュアリー 第2回 / 全13回

中野香織氏インタビュー ラグジュアリー研究の第一人者が示す「ジャパン・ラグジュアリー」の羅針盤

無料で読める

PROFILE: 中野香織/服飾史家、著作家

中野香織/服飾史家、著作家
PROFILE: (なかの・かおり)英国文化を起点にファッション史、ラグジュアリー領域などを研究。「新・ラグジュアリー 文化が生み出す経済10の講義」(安西洋之氏との共著、クロスメディアパブリッシング)など著書・監修書は20冊超。東京大学大学院修了後、ケンブリッジ大学客員研究員などを歴任 PHOTO:TAMEKI OSHIRO

服飾史家・著作家の中野香織は、時代とともに変化してきたラグジュアリーの概念について、人類の歴史や服飾文化の視点から考察してきた第一人者だ。同氏の考える“ジャパン・ラグジュアリー”のあるべき姿を聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2024年1月15日号からの抜粋で、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

“ラグジュアリー”が更新される契機
日本は新しい価値観を示せる

WWDJAPAN(以下、WWD):世界でラグジュアリービジネスが好況だ。

中野香織(以下、中野):巨大コングロマリットが支配してきたここ30〜40年のラグジュアリービジネスは、いよいよ頭打ちになるだろう。グローバル資本主義が生み出す格差が世界で顕在化し始めた。これからの消費の主役となるZ世代は、富や名声の獲得よりも「共感」や「共有」に喜びを見出す。富の格差を「憧れ」に転換する現在のラグジュアリーが、もはや豊かには見えないのだ。ラグジュアリービジネスは脱皮が迫られている。

WWD:これからの時代の“ラグジュアリー”のあり方とは?

中野:地域に根ざした、より人間的なものになっていく。作り手(職人)が自分たちの仕事に尊厳を感じ、素晴らしい物を作り、それが適切に評価され、次の仕事に向かう原動力になるというサイクルを作らなくてはならない。例えば(イタリアの高級ブランドの)「ブルネロ クチネリ(BRUNELLO CUCINELLI)」は職人の賃金をイタリアの平均賃金より20%高い水準まで上げた。職人たちは自分たちの仕事に責任を持つようになり、クリエイションのレベルが一段と引き上がった。会社としても、より大きな利益を生み出せるようになった。

この続きを読むには…
残り2621⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。