ビジネス

ナイキがタイガー・ウッズとの27年にわたるパートナーシップ契約を解消

ナイキ(NIKE)は米出身のプロゴルファー、タイガー・ウッズ(Tiger Woods)との27年にわたるパートナーシップ契約を解消した。

ウッズは1月8日(現地時間)、「フィル・ナイト(ナイキ共同創設者兼名誉会長)の情熱とビジョンは、ナイキとゴルフのパートナーシップを密なものにした。彼や同社で働く人々、素晴らしいアスリートたちに感謝したい。長年を共にできたことに喜びを感じている」と自身のインスタグラムに投稿した。また「次はL.A.で会おう!」とも記し、今後の動向をほのめかした。それに対してナイキは、「タイガー、あなたは競争やステレオタイプ、慣習、旧来の考え方に挑むのみならず、ゴルフ組織全体や我々にも挑みをかけた。あなたの素晴らしい行動に感謝している」と自社のSNSにウッズの写真とともに投稿した。

同社は2016年にゴルフ用品事業から撤退したものの、ゴルフアパレルやフットウエアの製造販売を続けている。スコッティ・シェフラー(Scottie Scheffler)やローリー・マキロイ(Rory Mcllroy)などゴルフリーグのベストプレイヤーらのスポンサーも継続する。

同社は21年11月から株価が40%下落したほか、22年12月後半に行った23年第2四半期決算発表で、向こう3年にわたって予算を20億ドル(約2870億円)削減し、従業員の解雇や年間売り上げ予想を1%下方修正することを発表していた。23年12月から、ウッズとの契約解消やゴルフ事業からの撤退、他のゴルファーのスポンサー終了といったうわさが流れている。

株式電子取引プラットフォームを展開するウィリアムス トレーディング(WILLIAMS TRADING)のサム・ポスター(Sam Poster)アナリストは、投資家に向けたリポートの中で「今回のウッズとの契約解消はナイキにとって損害を与えるだろう。ゴルフ市場からのプレゼンスを失わせ、ブランドに対する長期的なダメージとなる」と記している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。