ファッション

30歳の片石社長によるyutoriが最年少上場、マザーハウス新取締役にバングラディシュ工場長【経営層に読んでほしい記事3選】

有料会員限定記事

この連載は週に一度、「WWDJAPAN Digital」に掲載した記事の中から、編集部の記者が独自のテーマで記事をピックアップし、コメント付きで紹介する。今週のテーマは「経営層に読んでほしい記事3選」。経営に携わる皆さんはもちろん、ファッション・ビューティ業界で活躍する皆さんにもぜひ読んでもらいたい。ニュースの読み方を知るとともに、ビジネス会話のヒントになれば幸いだ。

(この記事は無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

選者:紀本知恵子「WWDJAPAN」デスク

日本女子大学卒業。在学中にニューヨークに留学し、マーケティングとファッションを学ぶ。帰国後、2001年にINFASパブリケーションズに入社。「WWDジャパン」記者としてニューヨーク、ミラノ、パリ・オートクチュールなどのコレクション取材をはじめ、デニム、雑誌メディア、EC、ジュエリーなどの専門分野を担当。マネジングエディターを経て2019年5月から現職

【記事1】
yutoriがアパレル最短上場 片石社長「やったぜ」

yutoriが東京証券取引所グロース市場に27日、新規上場した。同社は2018年4月創業。アパレル企業として最短での上場だ。記者発表会に登壇した片石貴展yutori社長は、「やったぜ。好きなことを、好きな人とやってきた。その結果、資本主義ど真ん中の“上場”を達成できた。これから、もっと伸ばさないといけない。やってやるぞ、という感じ」とコメントした。(全文はこちら

【記者のコメント】
アパレル企業として最短での上場はファッション業界の最近の大きなニュース。上場は企業の成長戦略として選択肢の一つではあるが、有限実行で30歳にして上場を果たした片石貴展社長は今後、業界内外でもさらに注目されていくことになるだろう。「日本で一番ブランドを持つ会社になりたい」という野望をどのように実現していくのか。その手腕を見届けていきたい。

【記事2】
ステマ規制が始まった2023年10月以前のインフルエンサー投稿は、セーフ?アウト?【マンガで学ぶステマ規制】

この続きを読むには…
残り958⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。