ファッション

なぜラグジュアリーは好調であり続ける?期待が高まる東南アジア市場【経営層に読んでほしい記事3選】

無料で読める

この連載は週に一度、「WWDJAPAN Digital」に掲載した記事の中から、編集部の記者が独自のテーマで記事をピックアップし、コメント付きで紹介する。

今週のテーマは「経営層に読んでほしい記事3選」。3つの記事をセレクトした。ついに開業した麻布台ヒルズの話題やラグジュアリーが好調であり続ける理由を考察したベテラン記者対談、次なるラグジュアリー消費の市場として注目される東南アジアにフォーカスしたコラム記事など、経営に携わる皆さんはもちろん、ファッション・ビューティ業界で活躍する皆さんにもぜひ読んでもらいたい。ニュースの読み方を知るとともに、ビジネス会話のヒントになれば幸いだ。

(この記事は無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

選者:益成恭子記者

山口県出身。神戸市外国語大学英米学科在学中に休学し、2年間ロンドンへ留学。帰国後卒業し、国内ジュエリー企業でダイヤモンドバイヤーとしてキャリアをスタート。ギャップ出版で9年間のコレクション取材を経て、2012年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」で米国版の翻訳を担当後、インテリア担当として家具見本市の「ミラノサローネ」などを取材。過去の経験を生かしてジュエリーやインナーウエアも担当

【記事1】
「麻布台ヒルズ」高級消費つかめるか
港区で広がる森ビル「ヒルズ経済圏」

森ビルは大型複合施設「麻布台ヒルズ」(東京・港区)を11月24日に開業した。用地取得を含めて開発に35年の歳月を費やした同施設は、オフィス、商業施設、文化施設、住宅、医療機関、インターナショナルスクールなどが集まる新しい街である。商業施設に関しては、ラグジュアリーブランドなど高級消費に的が絞られている。(全文はこちら

【記者のコメント】
「六本木ヒルズ」を機に、港区はオフィスワーカーや住民が増えた。「麻布台ヒルズ」の開業で六本木から3駅続きで「ヒルズ」が集中。ラグジュアリー・ブランドから飲食店まで豊富にそろう、“住む、働く、ショッピングする”一大エリアに進化している。ホテルもあるので外国人旅行客も見込める。銀座や渋谷、新宿とは違う“ラグジュアリー”が売りの新しい商業エリアとして注目が集まる。

【記事2】
ベテラン記者対談「ラグジュアリーが売れ続ける理由は?」(前編)
歴史あるブランドには圧倒的な先行者利益

この続きを読むには…
残り909⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。