ビューティ
特集 ヘアケアのプレミアム化が業界を変える 第8回 / 全9回

ファイントゥデイ初の新ヘアケアブランドは“本質志向”を訴求

無料で読める

ファイントゥデイ初の新ヘアケアブランドは“本質志向”を訴求

ドラッグストアのヘアケア売り場は大手企業の寡占状態にあったが、ここ数年で大きく様変わりした。
その遅れを巻き返すべく、2024年は各社がプレミアム市場に本格的に参入し、シェア奪還に挑む。
(この記事は「WWDJAPAN」2023年11月27日号付録「WWDBEAUTY」からの抜粋で、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

ファイントゥデイ

活況の市場で“本質志向”を訴求する

ファイントゥデイ(FINE TODAY)は同社初の新ヘアケアブランド「プラストゥモロー(+TMR)」を立ち上げた。1500円前後の高価格帯ヘアケア市場に参入するのは初。ポートフォリオで空白だったプレミアムヘアケア市場で勝負をかける。

この続きを読むには…
残り1515⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。