ビューティ
特集 ヘアケアのプレミアム化が業界を変える 第7回 / 全9回

花王が“情緒的価値”を重視した新ヘアケアブランドを来年投入 高価格帯領域に本腰

有料会員限定記事

花王が“情緒的価値”を重視した新ヘアケアブランドを来年投入 高価格帯領域に本腰

ドラッグストアのヘアケア売り場は大手企業の寡占状態にあったが、ここ数年で大きく様変わりした。
その遅れを巻き返すべく、2024年は各社がプレミアム市場に本格的に参入し、シェア奪還に挑む。
(この記事は「WWDJAPAN」2023年11月27日号付録「WWDBEAUTY」からの抜粋です)

花王

“情緒的価値”を重視した新ブランドを投入

花王(KAO)のヘアケア事業は低〜中価格帯の「メリット(MERIT)」「エッセンス(ESSENCE)」などを擁し、ヘアケア市場で先頭を走ってきたが、高価格帯商品が台頭し始めた2017年を境に苦戦を強いられてきた。山内智子 花王 ヘルス&ビューティケア事業部門 ヘアケア第1事業部 事業部長は「魅力的で華やかな商品を用意する新興メーカーにお客さまを奪われている現状は真摯に受け止めている。購入の決め手となる優先順位が大きく変わり、これまでの機能軸から情緒を重要視するお客さまが増えてきていることに気づくのが遅かった。自分たちの強みである品質や技術力を生かそうという気持ちが強かったがために、定義しにくい情緒的価値に着手するのが出遅れてしまった」と振り返る。そこで「気分の価値を乗せなければ魅力的に映りきれない」と判断し、機能面だけで勝負をかけることを捨て、2年前に情緒的価値を取り入れた開発に踏み切った。

この続きを読むには…
残り1206⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。