特集・連載

【特集】活況の高価格帯ヘアケア市場に迫る

【特集】活況の高価格帯ヘアケア市場に迫る

ヘアケア市場の構造が大きく変わる

ここ5年ほど、ドラッグストアで1500円前後の高価格帯シャンプーが軒並み売れています。ヘアケア売り場はゴールデンゾーンの顔ぶれが変わり、ベンチャー企業が手掛けるプレミアムヘアケアブランドが占拠するようになりました。今回の特集では、ドラッグストア各社の動向とヒットを飛ばすメーカーの戦略を整理し、両軸から市場の盛り上がりを探ります。さらに、大手企業が本腰で取り組む高価格帯ヘアケア戦略についても掘り下げます。、後半では、高価格帯のヘア系美容機器を取り上げます。コロナ前あたりまでは、ヘア系美容機器の中心的なアイテムであるドライヤーは、5000円前後の商品が主流でした。しかし、コロナ禍にヘアケアへの投資が増える流れがあり、最近では2万~4万円の商品が主役になりつつあります。このドラスティックな価格帯の変化を、ショップとメーカーの双方から探ってみました。(この特集は「WWDJAPAN」2023年11月27日号付録「WWDBEAUTY」からの抜粋です)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。