ビューティ
特集 ヘアケアのプレミアム化が業界を変える 第9回 / 全9回

ドライヤーは高額化し“美髪器”へ ヘア系美容機器の今後の成長の鍵は“ケア剤との併用”

有料会員限定記事

ドライヤーは高額化し“美髪器”へ ヘア系美容機器の今後の成長の鍵は“ケア剤との併用”

コロナ前あたりまでは、ヘア系美容機器の中心的なアイテムであるドライヤーは、5000円前後の商品が主流だった。しかし、コロナ禍にヘアケアへの投資が増える流れがあり、最近では2万~4万円の商品が主役になりつつある。このドラスティックな価格帯の変化を、ショップとメーカーの双方から探ってみた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年11月27日号付録「WWDBEAUTY」からの抜粋です)

プレミアムヘア系美容機器の市場をけん引しているアイテムは、やはりドライヤーだろう。そもそも高価格帯ドライヤーが登場したのは2011年。シャープ(SHARP)から登場した“プラズマクラスタードライヤー IF-PD1”が、パイオニア的存在と言われている。その後の16年、パナソニック(PANASONIC)から“ナノケア EH-NA98”が登場。大規模なプロモーションも奏功し、大いに話題となった。下のグラフを見れば分かる通り、12年には11%程度だった1万円以上のドライヤーが、16年には2倍の約22%に伸長している。

ドライヤーの税抜き価格帯別数量構成比

この続きを読むには…
残り3601⽂字, 画像19枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。