ファッション
特集 2024年春夏パリ・ロンドン・ニューヨーク 第2回 / 全7回

2024年春夏パリトレンド「定番の再解釈」 「サカイ」「ロエベ」の発想と技がすごい

有料会員限定記事

2024年春夏パリトレンド「定番の再解釈」 「サカイ」「ロエベ」の発想と技がすごい

1年前に火が付いたベーシックアイテムの再解釈が、さらに広がっている。今季のポイントは、シルエットやボリュームの大胆なアレンジと、シフォンなどのシアーな素材やカットアウトで作り出す軽やかさ。ありふれた日常着にデザインの力で新たな魅力をもたらす提案が目を引く。パリコレデビューを果たした「ピーター ドゥ(PETER DO)」は得意のテーラードジャケットを胸下でクロップしたり、裏地のような生地と切り替えたり。「クレージュ(CLAYGE)」はポロシャツやTシャツをアシンメトリーなボディースーツに変え、「Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」はワイヤー入りの素材やスナップボタンを使ってカジュアルウエアにひねりを加えている。(この記事は「WWDJAPAN」2023年10月16日号からの抜粋です)

ロエベ(LOEWE)

デイウエアを刷新する
斬新なプロポーション

要素を削ぎ落としてシルエットに焦点を当てるという、6月に発表したメンズに通じるアイデアを取り入れた。デイウエアをベースにしたデザインの中でカギとなるのは、コルセットを内蔵した超ハイウエストのパンツ。コンパクトなシャツやクロップド丈のチャンキーセーターを合わせ、下半身を極端に引き伸ばしたような新しいプロポーションバランスを探求する。ほかにも、編み地を拡大したニットケープや巨大な針で前を留めたショートパンツなど、違和感のあるアイテムが満載。それを“突飛”で終わらせないモノ作りのレベルと上質な素材使いが光る。

この続きを読むには…
残り2594⽂字, 画像28枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。