ファッション
特集 2024年春夏パリ・ロンドン・ニューヨーク 第3回 / 全7回

2024年春夏パリから「ファッションは楽しい!」の直球メッセージ 「ルイ・ヴィトン」が牽引

有料会員限定記事

2024年春夏パリから「ファッションは楽しい!」の直球メッセージ 「ルイ・ヴィトン」が牽引

やっぱりファッションは楽しく自由であるべきだ。「クワイエット・ラグジュアリー」が台頭し、シンプルなアイテムが増える中、スタイリングの妙やユニークなアイデア、丁寧な仕事から生み出されるファッションの楽しさが心を揺さぶった。また、「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」や「シャネル(CHANEL)」「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は、前向きなメッセージを発信。鮮やかな色使いや多彩な花のモチーフ、きらめきの要素もポジティブなムードにつながる。(この記事は「WWDJAPAN」2023年10月16日号からの抜粋です)

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

ボリューミーで軽やかに
ファッションを楽しむ

会場はシャンゼリゼ通り沿いの歴史的建造物で、LVMHはここを店舗やホテルの複合施設へ改装する予定だ。その内装を覆い隠すように、熱気球用のオレンジ色の防水シートで包み込み、「非日常的な旅」を演出。服も旅の高揚感を反映し、流れるようなシルエットや明るい色使い、ボリューミーシルエットを採用しつつ、軽やかに仕上げている。「実際に生地をグラム単位で量った」というから驚きだ。ビンテージストアでお気に入りを見つけてコーディネートを楽しむかのようなスタイリングからは、「ファッションは楽しい!」という素直なメッセージが伝わってくる。

この続きを読むには…
残り2038⽂字, 画像27枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

COMME DES GARCONS x コレクションの記事

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。