ファッション
特集 2024年春夏パリ・ロンドン・ニューヨーク 第5回 / 全7回

ベスト イン ロンドン・コレクション 必見の6ブランド

有料会員限定記事

ベスト イン ロンドン・コレクション 必見の6ブランド

2024年春夏シーズンのロンドン・ファッション・ウイークは、中堅ブランドが躍動した。“若手ブランドが面白いロンドン”というイメージを作り上げた若手デザイナー育成プログラム「ニュージェン」が、設立30周年の企画展をスタート。300人を超える才能をサポートしてきた実績を感じさせるように、「ニュージェン」出身デザイナーの「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」や「シモーン ロシャ(SIMONE ROCHA)」「ステファン クック(STEFAN COOKE)」が力強いショーを披露。2シーズン目のダニエル・リー(Daniel Lee)が手掛ける「バーバリー(BURBERRY)」も、洗練された英国スタイルを発信した。(この記事は「WWDJAPAN」2023年10月16日号からの抜粋です)

「バーバリー(BURBERRY)」

トレンチの拡充に挑む

2シーズン目を迎えたダニエル・リーは、アイコニックなトレンチコートのバリエーション拡充に挑んだ。序盤は、ローウエストのトレンチコート。ベルト位置を下半身まで下げて、ベルト自体も拡大。従来のトレンチコートを纏いベルトを締めた時のフィット&フレアではなく、ストンと落ちるストレートのシルエットを提案する。コットンギャバジンだけでなく、レザータイプも登場した。これに続いたのは、トレンチコートに欠かせないエポーレットのディテールを配したシャツなど。ドレスには、先シーズン自らが生み出したバッグのメタルパーツなどをプリント。ジャカードでバーバリーチェックを表現したニットも含め、アウターのみならず、インナーやドレスにおいても“「バーバリー」らしさ”を確立しようと意欲的だ。

この続きを読むには…
残り970⽂字, 画像14枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。