ファッション
特集 2024年春夏ミラノコレクション 第1回 / 全7回

新生「グッチ」が決定づけた ミラノ最大のトレンドはクワイエット・ラグジュアリー

有料会員限定記事
新生「グッチ」が決定づけた ミラノ最大のトレンドはクワイエット・ラグジュアリー

7年にわたり「グッチ(GUCCI)」を手掛けたアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)前クリエイティブ・ディレクター退任のニュースが発表になった昨秋は正直、「7年の在任期間で売上高を3倍近くまで押し上げたのにも関わらず、ラグジュアリーの世界はシビアだ」と思わざるを得なかった。しかし年が明けた2023-24年秋冬シーズンでは、ミケーレのクリエイションとは真逆のクワイエット・ラグジュアリーという価値観が形作られて台頭。ロゴを大きくのせたり、原色をカラーブロッキングしたり、極端なプロポーションバランスを採用したりのSNSフレンドリーなスタイルは落ち着き、控え目で物静かだからこそ、洋服ではなく着る人が主役になるスタイルが広がっている。新たな時代に突入した実感が強くなった今、サバト・デ・サルノ(Sabato De Sarno)新クリエイティブ・ディレクターの新生「グッチ」を見ると素直に共感できるのだから、ファッションとはつくづく移ろいゆく人々の気持ちによって変わるし、反対に人々の気持ちを変えるものなのだろう。(この記事は「WWDJAPAN」2023年10月9日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2083⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。