紙面紹介

2024年春夏ミラノコレ特集 新生「グッチ」は静かに語る

10月9日発売号の「WWWDJAPAN」は、2024年春夏ミラノコレクション特集です。大きく方向転換したサバト・デ・サルノ(Sabato De Sarno)による新生「グッチ(GUCCI)」を筆頭に、大きなロゴや装飾を控えた“クワイエット・ラグジュアリー”のムードが広がるミラノの潮流を振り返ります。

ピーター・ホーキングス(Peter Hawkings)による「トム フォード(TOM FORD)」、混乱期からの脱却を図る 「バリー(BALLY)」、初めてクリエイティブ・ディレクターを起用した「ファビアナフィリッピ(FABIANA FILIPPI)」と、ニュース性が高かったコレクションは、デザイナーのコメントを交えてリポートします。

「プラダ」がトレンドのセッターに

トレンド傾向を見てみると、ミウッチャ・プラダの影響力が否めません。2023-24年秋冬シーズンに「ミュウミュウ(MIU MIU)」が提案したシースルーとミニ丈で見せる若々しいスタイルや、「プラダ(PRADA)」に通ずるミニマリズムが際立ちました。そのほか、アクセサリーブランドの最新打ち出しも含めてトレンドを解説します。恒例の海外のバイヤーによるレビューも掲載します。

特集外では、スパイバーによる人工タンパク質素材「ブリュード・プロテイン(BREWED PROTEIN)」の量産工場を取材しました。次世代の本命サステナビリティ素材として注目を集める同素材の裏側に迫ります。

(COVER CREDIT)
PHOTO :COURTESY OF GUCCI
ART DIRECTION:RYO TOMIZUKA

CONTENTS

FEATURE

  • 2024年春夏ミラノコレ特集 新生「グッチ」は静かに語る

FOCUS

  • 2024春夏ミラノ・コレクション 海外バイヤー評 “軽やか&セクシー”が2大潮流
  • スパイバー、人工タンパク質素材の量産開始への道のり

SERIES

  • OVERSEAS NEWS 米「WWD」の翻訳記事をまとめてお届け!:「アレキサンダー・マックイーン」が新クリエイティブ・ディレクターを任命ほか
  • Makuakeキュレーター直伝!生活者から共感(応援)を得るコミュニケーション:Vol.8 ファンの声を元にアップデートする、大切に使いたくなる革製品
  • 齊藤孝浩のファッション業界のミカタ:Vol.54 国内シューズ業界シェアNo.1 ABCマートの生産性の高さ
  • Beauty Insight ビューティ賢者が持論展開:Vol.138 新ビューティスポット2店が見せる、リアルでの「売り方」(弓気田みずほ/ユジェット代表・美容コーディネーター)
  • 業界あるある もしかしてステマ?:3問目!健康食品やコスメなどを扱う会社B
  • アトモス創業者・本明秀文のノット スニーカーライフ:Vol.131 スニーカーはアメリカ経済の物差し

EDITORS’ LETTER

  • 均一では語れない「百貨店の土着文化」(林芳樹/ビジネスデスク)

EDITORIAL NOTE

  • 編集後記 今週の特集お届け隊:ミラコレは「プラダ」が完全復活(村上要/編集長、木村和花/編集部記者)

FASHION&BEAUTY PATROL

  • ドタバタ ミラノコレ日記 番外編

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。