ファッション
特集 2024年春夏ミラノコレクション 第7回 / 全7回

2024年春夏ミラノ・コレクション海外バイヤー評 “軽やか&セクシー”が2大潮流【特集 2024年春夏ミラノコレクション】

有料会員限定記事

2024年春夏ミラノ・ファッション・ウイークは、新たにクリエイティブ・ディレクターに就任した「グッチ(GUCCI)」のサバト・デ・サルノ(Sabato De Sarno)と、「トム フォード(TOM FORD)」のピーター・ホーキングス(Peter Hawkings)がデビューコレクションを披露するとあって大きな注目を集めた。前者は、前任アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)の装飾的なイブニングウエアへの傾倒から決別し、シンプルかつ普遍的なデイウエアにシフト。後者は、創業者の美学を徹底的に踏襲し、グラマラスでセクシーな路線を貫くという真逆のアプローチを見せたが、いずれもバイヤーに好評だ。

トレンドとしては、マイクロ丈のショートパンツやテーラリングといったシャープなラインが目立つ一方で、シアー素材による軽やかさの演出や、刺しゅうなどの手仕事を施したピースも引き続き人気となっている。ここでは、有力小売店のバイヤーが注目するトレンドと、マストアイテムを紹介する。(この記事は「WWDJAPAN」2023年10月9日号からの抜粋です)

ノードストローム

リッキー・デ・ソーレ=ウィメンズ・ファッション・ディレクター

ミラノは、やはりセクシーさがよく似合う。「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)」に顕著だったが、1960年代と90年代のパワフルで官能的なアティチュードや空気感をまとったコレクションが目立った。また、「グッチ」「ジル サンダー(JIL SANDER)」「プラダ(PRADA)」「ヴェルサーチェ(VERSACE)」などのブランドでは、ミニマルなシルエットの美しさを、大胆な飾りでさらに進化させていたのが印象的。

クラフツマンシップという意味では、「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」「フェンディ(FENDI)」「トッズ(TOD'S)」におけるレザーの手仕事はまさに匠の技。「フェラガモ(FERRAGAMO)」「グッチ」「トム フォード」「プラダ」のベルト使いもよかった。色味としては、柔らかでくすんだトーンのピンクやブルー、ブラウン、グレーなど。そして、とにかくマイクロ丈のショートパンツ!見かけないショーはないというぐらい、どのブランドでも登場していた。

マストアイテム

「グッチ」のアイコニックな“ジャッキー”バッグ、「プラダ」のベルトバッグとキトゥンヒール、「トム フォード」のベルベット素材のブレザー。「マックスマーラ(MAX MARA)」や「プラダ」で見かけた、ワークウエアにジャケットをミックスするスタイル。

この続きを読むには…
残り2410⽂字, 画像10枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。