ファッション
特集 2024年春夏ミラノコレクション 第5回 / 全7回

「セルジオ ロッシ」はシューズに徹した一貫性で勝負

有料会員限定記事

ランバン グループ傘下の「セルジオ ロッシ(SERGIO ROSSI)」は、コロナ禍の痛手から復調している。日本市場はまだ回復途上ではあるものの2023年上半期は、グローバルの売上高が前年同期比22.4%増の3300万ユーロ(約52億1400万円)だった。4月から同ブランドの指揮を執るポール・コルヴァ(Paul Kotrba)暫定最高経営責任者(CEO)に話を聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年10月9日号からの抜粋です)

WWDJAPAN(以下、WWD):「セルジオ ロッシ」の強みは?

ポール・コルヴァ(Paul Kotrba)暫定最高経営責任者(以下、コルヴァ暫定CEO):まずこの上半期にグループブランドの中で最も好成績を残せたことを誇りに思う。昨年以降コロナ禍からの回復の兆しは見えていたが、それを上回る数字が出せている。大きな強みの1つは、ブランドを誇りに思い、さらなる成長に向けて大胆にアクションを起こそうとするチームメンバーだ。日本チームもイタリア本社と良い連携が取れている。おかげで、グローバルの売上高における日本市場の割合は、本国のイタリアを超える約28%だ。もちろん素晴らしい商品は強みだが、一方でさまざまな市場で多くの商品を販売しているため、ブランディングのためにも商品を少し整理する必要性を感じた。2024年春夏の新作は、まさにブランドのヘリテージに立ち返ったコレクションだ。

この続きを読むには…
残り879⽂字, 画像16枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。