ファッション
連載 今週の学生に読んでほしい記事3選 第9回

「シーイン」が米「フォーエバー21」と提携、「マーク ジェイコブス」コスメライン復活の背景は?

有料会員限定記事

この連載は週に一度、「WWDJAPAN Digital」に掲載した記事から学生に読んでほしいものを厳選し、記者のコメント付きで紹介するものだ。今回は、「シーイン」の最新動向や「マーク ジェイコブス」のコスメライン復活など、3つの記事を掘り下げる。ニュースの読み方を知るとともに、面接やビジネス会話のヒントになれば幸いだ。
無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください。)

【記事1】
シーイン、米国の「フォーエバー21」運営会社に3割出資

超ファストファッションブランド「シーイン」は8月24日、米国の大手アパレルのスパーク・グループ(SPARC Group)の株式約3分の1を取得すると発表した。スパークもシーイン株を少数取得する。
(全文はこちら)

【記者の解説】
出資者は、持ち株比率が1/3以上になると株主総会で決議を否認する権利を得られます。これはかなり大きい権利であり、つまり1/3以上を出資する=「出資先の経営に深く関与する」という意志表明です。「シーイン」運営会社が出資する、米国アパレル大手のスパーク・グループは「フォーエバー21」を筆頭に「ブルックスブラザーズ」「エディ・バウアー」などのブランドを運営しており、全世界で4280店舗、総売上高は127億ドル(約1兆8542億円)に達しています。「シーイン」の狙いは、スパーク傘下のブランドを「シーイン」のECプラットフォームで販売し、さらに顧客層を広げること。逆に言えば、スパークも傘下のブランドの売上高のかなりの割合を、「シーイン」プラットフォームで販売することを考えている、ということでもあります。中国発の「シーイン」、米国大手アパレルのスパーク、両社にとって大きな転換点になります。(横山 泰明/記者)

ILLUSTRATION:UCA

【記事2】
「マーク ジェイコブス」がコスメラインを復活 2〜3年後に始動

この続きを読むには…
残り1443⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。