ビジネス

シーイン、米国の「フォーエバー21」運営会社に3割出資

超ファストファッションブランド「シーイン」は8月24日、米国の大手アパレルのスパーク・グループ(SPARC Group)の株式約3分の1を取得すると発表した。スパークもシーイン株を少数取得する。

スパークは米国の不動産大手サイモンと、ブランド管理会社オーセンティック・ブランズ・グループ(AUTHENTIC BRANDS GROUP以下、ABG)の合弁会社で、ABGの保有する「フォーエバー21(FOREVER 21)」「ノーティカ(NAUTCA)」「リーボック」などのアパレルブランドの運営にあたっている。「シーイン」は業務提携の狙いについて「『シーイン』は1億5000万ユーザーを抱えるグローバルなECプラットフォームであり、スパークの抱える『フォーエバー21』とは顧客層が重なり、お互いの成長にメリットがある」とコメント。今後シーインは自社のプラットフォーム上で、「フォーエーバー21」を筆頭にスパークの抱えるブランドのアイテムを販売していくと見られる。

日本では「フォーエバー21」は、アダストリアがライセンス生産した商品を中心に展開しており、日本では大阪・門真の「ららぽーと門真」などに出店している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。