ファッション

再上陸する「フォーエバー21」、米国では今どうなっている? H&M出身やり手CEOが2年弱で辞任

有料会員限定記事

 「フォーエバー21(FOREVER21)」が、アダストリアがライセンス企画・生産・販売する形で2023年春に日本に再上陸すると発表された。日本から全店撤退したのは19年のこと。その後の経営破綻、買収を経て、米本国ではブランドは現在どうなっているのか。

 経営破綻した「フォーエバー21」を20年に買収したのが、米ブランド管理会社オーセンティック・ブランズ・グループ(AUTHENTIC BRANDS GROUP以下、ABG)と、米の不動産投資信託会社サイモン・プロパティー・グループ(SIMON PROPERTY GROUP以下、サイモン)、同ブルックフィールド・プロパティー・パートナーズ(BROOKFIELD PROPERTY PERTNERS)の3社連合だ。買収金額は8110万ドルで、当時のレートで約87億5880万円。その後はABGと、ABGとサイモンが50%ずつ出資するスパーク・グループ(SPARC GROUP以下、スパーク)のもとで事業を進めている。同様に運営されているブランドには、「エディー バウアー(EDDIE BAUER)」「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)」「エアロポステール(AEROPOSTALE)」「ノーティカ(NAUTICA)」などがある。ABGがブランドのライセンス管理を行い、日常的なブランド運営はスパークが担当。このスキームは、ABGは小売りによって保有するブランドの価値を上げることができ、サイモンにとっては自社モールのテナント救済的な意味合いがある。

 買収から間もない20年2月末、それまでH&M北米社長として特にデジタル分野で手腕を発揮していたダニエル・クレ(Daniel Kulle)氏が、フォーエバー21のCEOに鳴り物入りで就任した。直後からコロナ禍が広がり、店舗閉鎖や従業員の一時解雇も行ったが、改革も断行。低価格商品だけでなく、99.99ドルなど比較的高額な商品の投入や、一部商品へのオーガニックコットンの導入、Z世代向けコラボ商品の企画、メタバースを活用したマーケティングなどに注力してきた。

この続きを読むには…
残り639⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。