ファッション

「フォーエバー21」が2023年春に再上陸へ

 2019年に日本から撤退したかつてのファストファッションブームのけん引役、「フォーエバー21(FOREVER 21)」が、アダストリアとのタッグで23年春に再上陸する。同ブランドは19年の経営破綻後、ブランド管理会社の米オーセンティック・ブランズ・グループ(AUTHENTIC BRANDS GROUP以下、ABG)傘下にある。伊藤忠商事がABGと日本での独占販売契約を結び、アダストリアは伊藤忠とサブライセンス契約を締結。10代〜30代前半を主対象に、まずはウィメンズのウエアと雑貨を販売する。

 アダストリアがライセンスで企画・生産し、平均の一点商品価格は4000円となる。23年2月21日にアダストリアの自社ECモール「ドットエスティ(.st)」内でまず発売。外部ECモールにも出店する。実店舗は、23年春は関東、関西のららぽーとに各1店の出店を検討。想定面積は330〜500平方メートルと、09年の撤退前より大幅に縮小する。

 目標とする売上高は初年度13億円、25年に100億円。そのうちの6割をECで稼ぎ、25年時点の実店舗数は15店を計画する。