ビューティ

「プラダ」がビューティ市場本格参入 スキンケアとメイクアップを8月1日発売

プラダ(PRADA)」がビューティ市場に本格参入する。スキンケアとメイクアップ製品をprada-beauty.comとprada.comで8月1日(現地時間)に発売する。8月18日には英ロンドンの有名百貨店ハロッズとセルフリッジでも販売をスタート。10月には、独ミュンヘンやフランクフルト、デュッセルドルフの香水専門店ダグラス、伊ローマの老舗百貨店リナシェンテも取り扱いを開始する。米国では2024年1月から実店舗で販売する予定。高級百貨店やショッピングモール、専門店、免税店など厳選した店舗で販売する。価格帯はリップスティックが45ユーロ(約7000円)〜、アイシャドウが80ユーロ(約1万2000円)〜、クリームが360ユーロ(約5万6000円)〜。 プラダ グループ(PRADA GROUP)とビューティ事業のライセンス契約を結ぶロレアル(L’OREAL)は売り上げについて言及していないが、年間の売上高は約2億5000万ユーロ(約392億円)と推定される。 業界筋によると、3年後には「プラダ」のスキンケアとメイクアップがブランド全体のビューティ事業の25〜30%を占めるとみられている。

グローバル・クリエイティブ・メイクアップアーティストにリンジー・アレクサンダー(Lynsey Alxander)を、eメイクアップアーティストにイネス・アルファ(Ines Alpha)を起用。ブランドの共同クリエイティブ・ディレクターであるミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)とラフ・シモンズ(Raf Simons)と協同で製品開発にあたる。アレクサンダー=グローバル・クリエイティブ・メイクアップアーティストは同時に、ファッションの公式メイクアップアーティストにも就任。9月21日にミラノで行うウィメンズのショーも担当する。

「プラダ」の共同クリエイティブ・ディレクターであるミウッチャ・プラダとラフ・シモンズは、ブランドのビューティライセンシーについて「今日の美とは何か?この問いが、ロレアルとの仕事の核心だった」と述べ、「今日の美とは、過去の固定観念を捨て去り、その人の個性、自由、そして自信を表現するものだと私たちは信じている」とビューティ製品への思いを語った。

ロレアル リュクス事業本部のシリル・シャピュイ(Cyril Chapuy)社長は、「22年に発売した『プラダ』の香水“パラドックス”の成功により、ウィメンズフレグランスにおけるブランドのリーダーシップが復活した。スキンケアとメイクアップ製品は、ブランドをさらなる高みに押し上げる新たな章への幕開けだ」と述べ、ビューティコレクションについて「現代のラグジュアリービューティの最高峰であり、優れた品質、画期的な技術革新、妥協のないサステナビリティへの姿勢を表現している」と説明した。ロレアルは21年1月1日に「プラダ」のビューティ事業のライセンスを取得した後、既存のフレグランス製品のポートフォリオを再び活性化させ、“ルナ・ロッサ オーシャン”や“パラドックス”といった新作を迅速に追加していた。

「プラダ」のビューティー事業のインターナショナル・ジェネラル・マネージャーであるヤン・アンドレア(Yann Andrea)は、「だからこそ今、『プラダ ビューティ』のグローバルな視点と視野を広げる絶好の機会だ」と指摘。ロレアル リュクス事業本部のシリル・シャピュイ=ロレアル リュクス事業本部 社長は「世界で最も魅惑的なクチュールブランドの一つである『プラダ』は若い世代と共鳴する特別な力がある。全てのラグジュアリービューティカテゴリーで卓越し、すぐにロレアル リュクス事業内の限られたビリオネア・ブランドの仲間入りを果たす可能性がある」と説明した。

ロレアル リュクス事業本部のポートフォリオにはファッションブランド発のビューティ製品として「アルマーニ ビューティ(ARMANI BEAUTY)」や「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」「ヴァレンティノ ビューティ(VALENTINO BEAUTY)」の3つの柱がある。「ヴァレンティノ ビューティ」のメイクアップ発売から2年後に「プラダ」のメイクアップ発売となり、デザイナーズのメイクアップのラインアップを強化し続けている。

ロレアルにとってスキンケア(サンケアを含む)とメイクアップは最大の製品カテゴリーであり、22年のグループ全体の売上高382億6000万ユーロ(約6兆68億円)のうち、それぞれ40.1%と20.2%を占めている。またロレアル リュクス事業本部は22年、グループ最大の売上高を記録し、全体の38.3%を占めた。

「プラダ」は2000年9月に一度、プーチ(PUIG)とのライセンス契約の下、スキンケア製品を発売した。その後、ティントタイプのリップクリームも発売したが、同シリーズを終了していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。