ビジネス
特集 ビジネスリポート 2023年上半期

ウィゴーで古着が1.5倍売れている理由は? リメイクを本格始動(2023年上半期)

有料会員限定記事

ウィゴー(WEGO)は、下北沢と大阪アメリカ村に古着店「ウィゴー ヴィンテージ」を展開するほか、全国約160店の一部で古着を販売する。古着販売は、ウィゴーの原点。コアな古着好きから、うまくトレンドアイテムをコーディネイトに取り入れる層まで、支持を集める。ウィゴーの齋藤純輝サスティナブル事業部営業チームマネジャーに商況と売れ筋を聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年2月27日号付録「ビジネスリポート2023年上半期」からの抜粋です)

WWD:2023年上半期の商況は?

齋藤純輝サスティナブル事業部営業チームマネジャー(以下、齋藤):売上高は前年同期の約1.5倍と非常に好調で、予算もクリアしている。1つは古着の取り扱い店舗数をおよそ35から50くらいに増やしたり、元々扱っていた店をリニューアルして古着の区画を増やしたりしたことが大きい。もう1つはリメイク商品の強化だ。今年から古着に一手間かけた程度のリメイクで、プライスラインも1900円、2900円くらいのものを計画的に作り始めた。4月からテストマーケティングし始め、5月、6月に本格稼働して、売り上げに貢献している。

WWD:リメイクはどういう経緯で?

齋藤:これまでも買い付けた古着の中で裾や袖に汚れがあってそのままでは販売が難しいものをノースリーブにしたり、裾をカットしたりなどして販売してきていたが、ずっと人気だった。そこでリメイクのための商品も買い付けるようにして、計画的に作るようにした。「ウィゴー」の新作との相性もよく、古着を扱わない店にもリメイクだけ置いたりして販売経路を増やしている。社内にリメイク部があり、ほぼそこが作ってくれている。

この続きを読むには…
残り1206⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。