ビジネス
特集 ビジネスリポート 2023年上半期

インバウンド需要にわく渋谷パルコ 大丸松坂屋やギンザ シックスとも連携(2023年上半期)

有料会員限定記事

2019年11月にリニューアルオープンした渋谷パルコは、コロナ禍に苦しみながらも23年2月期に当初の目標だった売上高200億円をクリア。今年は渋谷にオープンして50周年というメモリアルイヤーだ。塩山将人パルコ渋谷店店長に上半期の商況と今後の計画について聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年8月28日号付録「ビジネスリポート」からの抜粋です)

WWD:2023年上半期の商況は?

塩山:売上高は前年同期比53%増、入館客数同64%増、レジ客数同47%増。客単価は6470円の微増だった。売上高は3〜6月だと同60%増。コロナ禍でブッキングしていたパルコ劇場分を除いて、物販だけで見ると同70%増くらいで伸びており、端的に言って、非常に良い実績だった。7月1〜9日のグランバザール期間中は売上高同90%だったが、それ以降も数字は変わらない。23年2月期の売上高は228億円で、開業時の目標200億円をクリアしたが、今期は300億円を超えると見ている。

WWD:特に好調なショップは?

塩山:伸長率でいうと1階と6階が非常に高い数字になっている。1階は2月に「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」、3月に「ジル サンダー(JIL SANDER)」、4月に「バーバリー(BURBERRY)」がオープンし、3〜6月の売上高は同130%増だった。「ル ラボ」も4坪とは思えぬ売上高を叩き出している。

6階はもともと「ポケモンセンターシブヤ」と「ニンテンドートウキョウ」に凄まじい集客力があることに加えて、さまざまなポップアップ企画もあり、全国だけでなく海外からも来店。「誰かのためにも買って帰ろう」と購買意欲が高いお客さまが多いのが特徴だ。3〜6月の売上高は同140%増と大きく伸ばした。夏休みや「ニンテンドーキョウト」がオープンする10月も盛り上がるだろうと期待している。

3階の「ステュディオス(STUDIOUS)」や「ヌビアン(NUBIAN)」もそもそも売上高が大きいのに伸ばしたし、6月に4階にオープンした美容室「アルバム」もいい感じにお客さまが入っている。5階はゲームや映画のグッズを扱う「トーチトーチ」を5月にオープンしたところ、予想の10倍ぐらい売れている。ファンからするとたまらない商品が並んでいるということで、階段に列ができたりもする。これ以外も正直、前年クリアが当たり前で、どこも好調だ。

この続きを読むには…
残り977⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。