ファッション
特集 ビジネスリポート 2023年上半期

30〜40代のリアルな需要は? 月額制レンタル「エアークローゼット」に聞く好調アイテム(2023年上半期)

有料会員限定記事

「エアークローゼット(AIRCLOSET)」は、オフィススタイルに定評のある月額制レンタルサービスを提供する。パーソナルスタイリングを強みとし、個々のユーザーのリクエストに対応しながら、ファッションの楽しさも提案する。サブスクならではのユーザーからのフィードバックは大きな強みだ。エアークローゼットの天沼聰社長兼CEOと月原優子執行役員パーソナルスタイリンググループ長にユーザー動向の変化や好評だったアイテムなどを聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年8月28日号付録ビジネスリポートからの抜粋です)

WWD:2023年上半期の商況は?

天沼聰社長兼CEO(以下、天沼):引き続き成長している。ただ、マスク着用が個人の判断に委ねられるようになった3月やコロナが5類になった5月に、消費が加速した2020年秋のような回復のインパクトがあるかと思っていたら、意外となかった。基本的にアパレルの需要と同じ動きをするのだが、私たちの場合、インバウンド需要は連動しないからかもしれない。

WWD:新規会員の主な年齢層は?入会のきっかけは?

天沼:30~40代ぐらいで、仕事や育児に忙しい女性が中心で、変わっていない。ウェブマーケティングをしているので、ウェブやSNSで広告を見たという人がやはり多い。あとは実会員の方の紹介も多い。かつて有料会員だったお客さまで、コロナ禍で無料会員になった方の復活も増えてきている。

WWD:レンタルやレンタル後の購買で好調だったアイテムは?

月原優子執行役員パーソナルスタイリンググループ長(以下、月原):行動制限がなくなったことで、洋服のカラーはだいぶ変わってきたと感じている。アイテムでの分かりやすいトレンドがない代わりに、透け素材や凹凸のある素材、ジャカードといった素材感の変化でおしゃれを楽しむ方が多かった。コロナ禍で、家にいるとき用のリラックス系スカートの需要が増えていたが、パンツの需要が戻ってきた。ただ、オフィスにぴったりなタイトなクロップドやシャープなパンツはほとんど出ず、ワイドパンツや幅が広めなリラックス系のもがよく動いている。

この続きを読むには…
残り1100⽂字, 画像11枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。