ファッション

寒さが購買意欲に着火 玉川高島屋S・Cやルミネ新宿店で好調だったブランドは?(2023年11月)

有料会員限定記事

暖かな陽気が続いた11月前半は、当然重衣料が動かず。ニットも低単価な軽めのものが好調だったが、下旬の冷え込みで一気に加速。10月も暖かかったため、それまで需要がなかった冬物衣料が一気に売れ、それまでのマイナスを挽回した。その結果、どこも前年をクリア。勢いづいたまま、12月の最大商戦に突入した。

渋谷109

※( )内のパーセンテージは対前年同期比

【高伸長ブランド】

サマンサベガ(315%増)/サンリオ(68%増)/リズリサ(67%増)/ドレステーブル(48%増)/アナップ(36%増)/ラファリーストア(36%増)/レディアゼル(35%増)/マウジー(35%増)/エモダ(34%増)/ミツマル リン(34%増)/キスキス(33%増)/シークレットハニー バイ ハニーバンチ(32%増)/ミツマル チコ(30%増)/ルナアース(30%増)/フリーズマート(30%増)/スピンズ(30%増)/アマベル(27%増)/エブリン(25%増)/プニュズ(24%増)/グランドエッジ(23%増)/プラザ(23%増)/リビー&ローズ(23%増)/マノントウキョウ(21%増)

この続きを読むには…
残り3828⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。