ファッション
特集 ビジネスリポート 2023年下半期

ルミネ新宿や渋谷109に聞く 真夏日混じりの10月でも好調だったブランドは?(2023年10月)

有料会員限定記事

気温が35度を超える真夏日があった10月の都内のショッピングセンターでは、当然ながら厚手のアイテムやコートの売れ行きがよくなかった。単価が大きいだけに、売り上げへの影響も大きい。カーディガンなどの羽織れるアイテムか、コラボなど話題性のあるアイテムを用意できたブランドは健闘したようだ。都心はインバウンド需要で前年比をクリアできたが、インバウンド需要があまりない玉川高島屋S・Cは、前年割れを喫した。

ルミネ新宿

【高伸長ブランド】※( )内のパーセンテージは対前年同期比

マスターピース(109%増)/フレッドペリー(83%増)/オルビス(54%増)/無印良品(51%増)/アーバンリサーチ ドアーズ(46%増)/ウィム ガゼット(43%増)/エディション(41%増)/ビータイム(41%増)/メゾンスペシャル(W)(41%増)/ダヴィネス(39%増)/エロチカ(39%増)/イヴ・サンローラン・ボーテ(38%増)/リランチュール(34%増)/ビリーズ エンター(29%増)/グレース(29%増)/アタッシェドゥイデー(28%増)/コスメティックテラス(28%増)/エトレトウキョウ(26%増)/リファ(25%増)/アニュアンス(25%増)/ステュディオス(25%増)/スピック&スパン(24%増)

この続きを読むには…
残り3373⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。