ファッション
連載 ビジネスリポート

下北沢の古着ブームは一段落 トレンドと価格に敏感な「ウィゴー」の古着顧客の動向は?(2022年下半期)【ビジネスリポート先行公開】

有料会員限定記事

 「ウィゴー(WEGO)」は全国約160店のうち、約30店で古着を扱っており、下北沢とアメリカ村には古着専門店を構える。古着販売は、高いトレンド性とコストパフォーマンスの高い商品でZ世代の支持を得る「ウィゴー」のルーツ。齋藤純輝サステナブル事業部営業チームマネージャーに顧客の情報収集源や買い方の変化について聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年2月27日号付録ビジネスリポートの先行公開です)

WWD:主な顧客層は?

齋藤純輝サステナブル事業部営業チームマネージャー(以下、齋藤):全国約160店の「ウィゴー」は18〜22歳が中心でウィメンズが強いが、古着との複合店は「ウィゴー」に来るというよりも、古着を求めてくるお客さまのほうが圧倒的に多く、20代や大学生からで、メンズが強い。古着専門の下北沢とアメリカ村の2店舗は、20〜30代がメインだ。古着を買うお客さまは欲しいものに一貫性があるというか、みんな欲しいものが一緒みたいなところがあり、SNSなどの画面を見せて「これありますか?」というケースが多い。古着に精通しているインスタグラマーをフォローしていて、みんなが欲しいと思うものはメルカリやヤフオク内でどんどん値段が上がっていく。最近、若い人の買い方が変わったと思うのは、最初から売る前提で買う人が増えていること。値上がりしているのを確認してから買って、自分で着るけど、そのシーズンのうちに売るところまで完結しているようだ。頭が良くて、めちゃくちゃ情報を見ているので、値段の高い安いをびっくりするくらいよく分かっている。

WWD:2022年下半期の商況は?

齋藤:ここ2年の、「下北沢はどれだけ古着店ができるんだ?」という異常な盛り上がりは落ち着いたものの、取扱店舗を増やしたこともあり、11月までは前年をクリアできた。ただ、12・1月のセール期はかなり苦戦した。

この続きを読むには…
残り1070⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

独立系クリエイティブ集団が台頭、クリエイターの新潮流を見る

5月13日号は、クリエイターを取り巻く新潮流を特集します。昨年7月17日に発行した「U30 クリエイター」特集に続き、その最前線を追いました。

冒頭では独立系クリエイティブチームにフォーカス。「クリエイティブアソシエーション」「クリエイティブエージェンシー」など、独自のスタンスを掲げてクリエイティブの可能性に挑む集団です。彼らの狙いは、クライアントとクリエイターが対等な立場でものづくりに向き合え…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。