ファッション

「これがいい」への到達をナビゲート 「WWDJAPAN」編集長が語る【23年の知っておくべき業界動向】

有料会員限定記事

 4月は新入社員が働き始めるほか、転職や異動などにより新たな職場で仕事をスタートする場合もあるだろう。そこで今回は、ドキドキしながらファッション&ビューティ業界に足を踏み入れた人に向けて、日米中韓の「WWD」エディターが業界の現在地と2023年の展望を解説。景気低迷が長引く日本では、選択肢が多い中で「失敗したくない」心理が強く働いている。しかし、ファッションは本来、楽しいもの。消費の背中を後押しするためにできることを、「WWDJAPAN」の編集長が考えた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年4月3日号からの抜粋に加筆したものです)

 「失敗したくない」「正解が欲しい」──。ここ数年、ファッションやビューティ業界を含む社会には「切迫感」にも似たムードが漂っている。例えば業界人においては、毎シーズン恒例のトレンドセミナーの事前質問が、1つに集約されるようになってきた。多数届くのは、「とにかく日本で売れるトレンドが知りたい」の声。こうした声を受け「WWDJAPAN」は、セミナーにバイヤーのみならず企画担当者を招き、彼らが考える「売れるトレンド」を開陳していただいている。「失敗したくない」、いや「失敗できない」受講者の皆さんに「正解」の一例を伝授しようと試みているが、一方で「『正解』の一例をお伝えすることで、それにたどり着こうとする思考の機会を奪っているのでは?」と思考が流転することも多い。

 「失敗したくない」エンドユーザーのため、イエベ・ブルベやパーソナルカラー、骨格に基づく診断サービスは、当たり前の存在になった。「この手のサービスで、選択肢を狭めるのはもったいない」という声がある一方、YouTubeでは「イエベ・ブルベ診断があったからこそ、多すぎる選択肢の中から化粧品が選べるようになった」とのコメントをいただき、相応のニーズが存在していることを知った。

この続きを読むには…
残り984⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。