ファッション

「ウィゴー」「ジェラート ピケ」「パブリック トウキョウ」店長が語る 店からの発信とスタッフ育成

有料会員限定記事

 販売員がその魅力を存分に発揮するためには、周囲からのサポートも重要だ。

 そこで今回、ウィゴー(WEGO)から「ウィゴー」渋谷109店、マッシュスタイルラボから「ジェラート ピケ(GELATO PIQUE)」錦糸町テルミナ店、TOKYO BASEから「パブリック トウキョウ(PUBLIC TOKYO)」丸の内店の店長を招いて座談会を開催。店長としてどんな風に店頭やスタッフを盛り上げているのか。その実際を聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2022年11月7日号からの抜粋です)

WWD:コロナ禍による店舗休業などもあり、この2年で一気にSNSやLINEなどを通じたコミュニケーションが重要になりました。それに伴い、販売員の役割も変わったのではないでしょうか。今、どんな発信をしていますか?

青木優津希「ウィゴー」渋谷109店店長(以下、青木):私はインスタグラムを最初は個人でやっていましたが、今はコーディネートを見てフォローしてくれる方が多いようです。あとはスタッフスタート(※1)にスナップを載せています。また、お店で東京エリアの「ウィゴー」複数店舗共同でインスタアカウントを持ってやっています。TikTokもやっていますが、今一番力を入れているのは、東京エリアのインスタグラムです。

今田千尋「ジェラート ピケ」錦糸町テルミナ店店長(以下、今田):「ジェラート ピケ」は個人でのSNSはやっておらず、店舗スタッフのスナップ写真はオフィシャルサイトと公式インスタグラムに載せていて、私も時々そこに出しています。でも基本的には、お客さまごとに顧客カードを作成し、猫が好きな方だったら、猫の新作が入るたびに、お客さまに電話をして、「きっとお好きだと思います」という連絡をしたり、事前に入荷が分かっていれば、DMやはがきを出します。

菅澤由紀「パブリック トウキョウ」丸の内店ショップマネージャー(以下、菅澤):TOKYO BASEは全社員TikToker計画が始まっていて、全員アカウントを持っています。

一同:すごい。

菅澤:でもなかなかバズらないです(苦笑)。そのほかにスタッフスタートもやっています。インスタグラムはやりたい人が積極的に上げていて、TikTokは全社員。スタッフスタートに関しては、ブランドで限られた人数が選ばれて上げていて、私は全部やっています。

WWD:今一番効果が高いと感じるのはどれですか?

この続きを読むには…
残り4122⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。