ビューティ

Vol.3 SNSでの炎上が増えてきた「限定品買えない問題」【SNSトレンドに、業界は「どうする」?】

有料会員限定記事


 「WWDJAPAN」のソーシャルエディターは毎日、TwitterやFacebook、Instagram、そしてTikTokをパトロールして、バズった投稿や炎上、注目のトレンドをキャッチしている。この連載では、ソーシャルエディターが気になるSNSトレンドを投げかけ、業界をパトロールする記者とディスカッション。業界を動かす“かもしれない”SNSトレンドの影響力や、投稿がバズったり炎上してしまったりに至った背景を探る。今、SNSでは何が起こっているのか?そして、どう向き合うべきなのか?日々のコミュニケーションのヒントにしたい。
 今回は、SNSでの炎上が増えてきた「限定品買えない問題」について。

ソーシャルエディター浅野:化粧品業界では、シーズンごとの限定アイテムも話題になります。人気ブランドの場合、限定アイテムを発売するブランドの名前は、製品の情報解禁とともにツイッターのトレンドに入るほどです。しかし最近は、その限定品を巡って度々炎上が起きています。
限定品は数量限定なので、全員が買えるわけではありません。予約開始日に店頭に並んだり、スマホを握りしめてECでの発売を待ち構えたり……、それさえも美容好きにはちょっとしたお祭りのようなもので、今までは「頑張れば、買えた」んです。しかし、最近は「頑張っても、買えない」。人気ブランドはもちろん、SNSで突発的にバズったものは、予約段階から店頭もECも“即完売”に。ECはアクセスが集中してエラーが起きることもしばしば。そして、フリマアプリに溢れる高額転売。転売ヤーの存在も、消費者のフラストレーションを高めています。

> 「NARS」の人気フェイスパウダー“リフ粉”からマーブル模様の限定品が登場!

私も最近、「NARS」の限定フェイスパウダーの“予約戦争”に敗北しました……。

> 「買えないコフレを意図的にバズらせていいの?」 ファッションフリークOL「WWDビューティ」最新号につぶやく

記者村上:コスメの争奪戦は、なかなかし烈になってきましたね。「買えない!」みたいな炎上は、これまではクリスマスコフレだけだった印象ですが、最近は春夏や秋冬のコレクションでも限定色などは「売ってない!」って騒がれちゃいますね。

> 化粧品の売れ残りはどうしてる?透明性は進んでる? 大手化粧品メーカーOGによる覆面座談会

廃棄に繋がるかもしれない在庫を持ちたくない気持ちから、そもそもの生産量が減っているのでしょうか?「ルナソル(LUNASOL)」のように、発売頻度を増やす代わりに投入量を減らして「売り切れ御免!」にするブランドは理解できるけれど、バズが目当てで数を積んでいない限定品を押し出す風潮も見受けられますね。

「買えないコフレを意図的にバズらせていいの?」 ファッションフリークOL「WWDビューティ」最新号につぶやく

> アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「王者の誤算」

浅野:メイク需要の復活、インバウンドの復調、サステナブルへの配慮、SNSに主軸を置いたプロモーション、スニーカーなど他に転売されていた商品の値崩れ、いろんな影響がありそうですが、いずれにせよ「買えない限定品」が増えているから、不満が溜まっている印象です。

この続きを読むには…
残り1449⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介